ランドアバウトエーピーアイは、ホームページ自動翻訳サービスでインバウンドをサポートし、共生社会を実現するためのセキュリティとして紙幣鑑別機「かんていくん」を販売

更新情報 What's New

新年あけましておめでとうございます。本年も、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます。
本年は、10周年記念事業として、ホームページ自動翻訳システムのアップグレードおよび海外プロモーションサービスを強化いたします。
引き続き、旧倍のお取引を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。
紙幣鑑別機「かんていくん」オンラインショップの開設を記念して買取プランの10%引きキャンペーンを実施中です!(2017年12月31日までのご購入まで)
「かんていくん」オンラインショップはこちら
紙幣鑑別機「かんていくん」の輸入販売を開始いたしました。
「かんていくん」販売部専用お問合せメール kanteikun185@rs-api.jp
代表電話の番号が、2017年3月1日より、変わりました。
新代表電話番号 03−4500−2468
お取引各社様には個別に通知させていただいております。
お間違えのないよう、お願い申し上げます。
検索サイト大手のヤフージャパン・グーグルのセキュリティ方針に対応したウェブサイトのHTTPS化。自動翻訳したURLに対し、HTTPS翻訳対応を開始いたしました。
ヤフーの方針についてはこちらをご覧ください。
開発メーカー「株式会社クロスランゲージ」のニュースリリースはこちらをご参照ください。
HTTPS翻訳オプションの料金、設定については、お気軽にお問い合わせください。

紙幣鑑別機「Safescan®」(日本国内商品名「かんていくん」)の輸入および販売を開始

インバウンド・外国人住民の増加、外国人労働者の促進、などにともなう社会のセキュリティを担保するため、紙幣鑑別機「Safescan®」(日本国内商品名「かんていくん」)の輸入および販売を開始いたします。
「紙幣鑑別」の技術は、歴史的にヨーロッパが先進の技術を開発してきました。クレジットカードやビットコインなどの紙幣以外の決済が進んでいる現在においても、旅行や生活の中で、少額の紙幣を両替したり、旅行先で使用することは普通で、このような時代であっても、欧米・アジアの主要国では、紙幣を両替する際に、必ず「紙幣鑑別機」を使って紙幣の安全性を確認して(鑑別をして)から受け取ることがルール・マナーとなっています。
日本においては、これまで、島国であるがゆえの地理的要因やカジノが合法化されていない背景もあって、偽造紙幣など偽札の被害が比較的他の国々に比べて少なかったことも事実です。この数年、日本政府の政策によるインバウンドの促進や外国人労働者への規制緩和、自治体による外国人住民の移住促進、などにより、これまでのような「いつまでも大丈夫」というわけにはいかなくなってきています。また、規制緩和や新法の制定により、「両替商」の開業自由化、IR法(カジノ法案)の進捗により、さらに、世界中からさまざまな通貨(紙幣)が流入する背景が整ってきたのです。
このような背景の中で、「事業者自ら偽造紙幣から守る」ためには、コンパクト・低額で「鑑別」できる製品が望まれるようになりました。弊社では、世界中で10,000件以上の販売実績のあるオランダのメーカーとの提携により、事業者が導入し活用しやすい「鑑別機」の取り扱いを開始いたしました。

↑ PAGE TOP